改正民法・不動産登記法 その3

また相続法が変わります③

民法の主たる改正の概略はわかりましたが、今回の改正では、相続が開始した場合にはその登記をしないといけないことになったと聞いています。どういうことなのでしょうか。

そうですね。これは、不動産登記法という法律が改正されて、第76条の2と第76条の3という条文が新たに創設されたことによるものです。

第76条の2は、①所有権の登記名義人について相続の開始があったり、遺贈があった場合には、これにより所有権を取得した者は、相続の開始があったり遺贈を受けたことを知って、その所有権を取得したことを知った日から3年以内に、所有権の移転の登記をしなければならないとされ、この登記申請義務に違反した場合には、10万円以下の過料が課されることになります。

また、②この登記がなされた後に、遺産分割が行われた場合には、これによって法定相続分を超え所有権を取得した者も、遺産分割の日から3年以内に、所有権の移転の登記をしなければならないことになります。

最もこの点については、次の第76条の3が、前記①の3年の期間内に、登記官に対して、所有権の登記名義人について相続が開始した旨及び自らが所有権の登記名義人の相続人であることを申し出た場合には、前記の所有権の移転の登記を申請した義務を履行したものとみなされますので、実際にはこの方法で登記官にこの申出をすることになるのだろうと思います。 (続)

 

ご相談無料(初回) 098-996-4183